医療分野

医療分野におけるシミュレーションの意義

※医療分野はバージョン2020より対応いたします
高齢化社会を迎え、また治療方法もない未知のウイルスとの闘いもある中より多くの患者さんの要望に沿った治療を行う事が求められています。一方で、公的機関からの要請から効率的な運営も求められ、限られた人員、病床数の中で要請に対応する必要があり、常に現場は逼迫した状況になっております。少しでも現状況を打開するためには、現状を分析しつつより効率的に現場のリソースを回すためのテスト環境が必要になります。
FlexSimはパソコン上で、実際の医療現場をモデル化し、リソースの最適業務改善の検討を行う事が出来ます。リソース配置等の最適化機能があるので、現状を踏まえ実現可能な最適化への検討が出来ます。

製品の特色1:正確性


医療現場では、診察時間、治療時間、患者さん、施術する側、全てにおいて常に処理時間が異なります。この異なる処理時間を加味して検討をするにはシミュレータしかありません。FlexSimは単に現状を再現するだけでなく、実際のデータ、統計分布に基づいて、予測分析を行えます。そのため、単なる予測ではなく、各医療機関にあったより正確な予測結果を算出できます。

製品の特色2:簡単


医療現場では、患者さんごとに診察時間や待ち時間、移動時間などが違うためExcelを使い一人の患者さんにどのくらい時間を要するのかを算出する場合、離散事象(待ち行列)を考慮する事が出来ません。FlexSimは離散事象(待ち行列)のシミュレーションがパラメータを調整するだけ出来、また医療現場を再現するに必要なモジュールがアイコンで用意されている為、ドラッグアンドドロップで直感的に操作することで簡単に精度の高い結果を出す事が出来ます。

製品の特色3:効果


効率化を図ることは必要ですが、患者さんや医療従事者を危険にさらしてまで効率化を図ることはできません。FlexSimは単に効率化を目指しているものではありません。各医療システムにあった条件でシミュレーションが行えるような作りになっています。シミュレーションを行う事で気が付かなかったボトルネックや問題を、パソコン上で再現し確認できるため無駄な費用をかけず、かつ安全に効率化を目指すことが出来ます。

事例一覧

増築後の建物のスペースを最大限に活用する

MDアンダーソンがんセンターで2つの臨床スペースを節約し、将来用途のためスペースを確保 目的 ■建物内スペースの確保 ■医療体制および質の維持 ■現在から将来の患者さんの数を10年単位で検証 ■追加レ...

大量の患者さんの移動の準備

テキサス大学医学部が185人の患者さんの効果的な移転を予測した方法 目的 ■ボトルネックの発見と解決策の検討 ■看護師の勤務時間の最適化 ■1つのユニットの遅延が他のユニットに与える影響の検討 結果 ...

救命救急センターでの業務改善に一躍

南フロリダのバプテストヘルスが、患者さんの病院到着時から受診までの待ち時間を46 %削減し、また人員配置を最適化したことで滞在時間を短縮 目的 ■患者さんの滞在期間(LOS)を短縮 ■病院到着時から受...

ゼネテックでは、いち早くFlexSimの導入効果を実感していただく為に、シミュレーションモデルの受託サービスを行っております。

お気軽にお問い合わせください。03-3226-8989受付時間 9:00-12:00 13:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料・デモ版請求はこちら