1. HOME
  2. 使ってません
  3. 製造業

FIELDS

適用分野

製造業

製造業におけるシミュレーションの意義

実際の生産システムをパソコン上で作成し、在庫、生産、組立、輸送などの製造から出荷まで、製造業におけるすべての流れをシミュレーション内で検討できるため、無駄な費用をかけずに改善・維持の検討ができます。

なぜ製造業でシミュレーションが必要なのか?

製造業では、材料費、輸送費、人件費は毎年増加し続けており、効率化の必要性はこれまでになく高まっております。そのため、企業が事業を継続するためには、時間、設備、その他の投資に関連するコストを十分考慮し最適化する必要があります。
一般的に使われている分析や予測を図面やスプレッドシートを使った方法で算出する場合、離散事象(ばらつき)を考慮することができません。FlexSimは離散事象(ばらつき)のシミュレーションがパラメータを調整するだけでできるため、分析や予測の精度の高い結果が簡単に出せます。
FlexSimを使用することにより、ライン等の小規模の改造から、工場全体の回収、また生産目標および品質維持における精度の高い結果をもとに効率的なな費用対効果の検討ができるようになります。

FlexSimを使用することで得られる主な効果

新しい機械導入時の処理能力の検討

予期せぬボトルネックの発生の確認

問題点の把握と改善検討

機械の故障率・段取り替えの考慮

生産目標を達成するために

現在のリソースの効率化検討

新しい生産来検討時の生産数の算出
3Dシミュレーション
製造現場を3D化しシミュレーションをすることにより、専門的な知識がなくても現場の状況がわかりやすく、また状況共有や説明資料・プレゼン資料にも流用できるため会社全体の意思疎通が取りやすくなります。
使いやすさ
ドロップダウンメニューやドラッグアンドドロップなどの簡単な操作でモデルの構築からシミュレーションができます。プログラミングは不要なので、初心者でも簡単に使用することができます。複雑なシミュレーションをする際は、フローチャートを利用することも可能です。まずは、体験版で実際に触ってご体感ください。
改善修復検討
FlexSimでシミュレーションを行うことで、どこにボトルネックが発生しているのかが一目瞭然になります。このような問題が発生した場合に、容易にモデル修正が行えるため迅速に問題の改善検討が行えます。
シミュレーションモデル
FlexSimは、規模や複雑さに関係なくシミュレーションを行うことができるため、既存の工場全体のラインのボトルネックの特定、改善、設備配置、工場のフロー、在庫管理、最適な人員配置などをまとめて検討できます。