デジタルツイン

DB接続

Microsoft SQL、MySQL、Oracle、PostgreSQLなどのデータベースとの接続ができます。これにより生産管理システム等との連携を可能にし、出力されるデータをもとにシミュレーションを行うことを可能にします

PLC接続

FlexSimにはOPC UA・DAクライアントを実装済みです。工場内の実機PLC・ロボット(※)からの実機信号を元にFlexSim上に再現した仮想工場を動作させ、事前プログラム検証の実施を可能にします。
(※対応機種は使用するOPCサーバによります)

ロボット接続

実機ロボットコントローラから直接ロボット情報を取得し、FlexSim上で稼働状況・タクトタイムを計測することで、より正確な情報に基づいた生産性向上の為の検討を可能にします。左の例では、ファナック製のField Systemとつなぐことで実現しています。

稼働モニタリング

現場から収集されたデータをもとにFlexSim上の3D設備を動作させることで、現場の問題をリアルタイムで画面上に表示させ、どのようなタイミングでトラブルが発生しているのかを確認することが可能です。

動線分析

現場でのヒト・モノの位置情報を測定、FlexSimに表示する事でヒト・モノの動線の分析、改善検討が行え、工場・倉庫業務の効率化を支援します。

VRとレンダリング

コストのかかる手戻りを未然に防いだり、顧客への効果的なプレゼンテーションに利用できます。NVIDIA RTXシリーズグラフィックカード搭載のPCを使用すれば、より綺麗な画像でシミュレーションが実行できます。

ゼネテックでは、いち早くFlexSimの導入効果を実感していただく為に、シミュレーションモデルの受託サービスを行っております。

お気軽にお問い合わせください。03-3226-8989受付時間 9:00-12:00 13:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

資料・デモ版請求はこちら